医療の世界を知ってますか 医療の世界のさまざまな仕事を紹介します

医学研究による医療への貢献

医療への貢献をしたいと高い志を胸に抱く人は少なくありません。
しかし、実際に医療に関わろうと考えた際に、医師の仕事を想像して臨床現場で患者に向き合うことを考えると躊躇してしまう人もいることでしょう。
患者の治療を行うということは大きな責任がつきまとうものであり、その重厚に耐えて頑張っていけるかということを悩んでしまう人が多いのです。
医師だけが現場で働く専門家ではないとはいえ、看護師や薬剤師、理学療法士や管理栄養士など、どういった職種についても多かれ少なかれ患者とのコミュニケーションが必要とされます。そして、それが患者の生活やときには命に関わる可能性があると考え始めると、なかなか業界入りすることは難しいと思ってしまいがちなのです。
しかし、医療に貢献するというのは現場で働く以外にも方法があります。医学の研究者になるという道です。医学部に進学しても病院に就職せずに大学に残って研究を続けるという人もいるようです。
基礎研究を行っていくことにより、新しい技術開発の種を発見できるように日々努力していくことも大事なことではないでしょうか。
今すぐ結果を出し医療への貢献をするのではなく、もっと先の将来に目を向けた医療への貢献という目的で医学研究を行っていくということにも大きな意味があることでしょう。そんな人達がいるので医療は日々進化を遂げているのですから。どんな形でもいいので高い志を持ち医療に貢献していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です